実績とお客様の声

お客様よりお寄せいただく声は、私たちにとって大切な財産です。
お客様よりうかがった声は、貴重な情報として社内で共有し、製品・サービスの開発・改善に反映しています。

業種

化学品

事業内容

化粧品・健康食品の研究開発、製造および販売

部署

サステナビリティ推進室

当初は、自社が推進しているサステナビリティ戦略の方向性や取り組み内容のレベル感が、市場の期待から外れていないかどうか不安でした。市川様との壁打ち及び資料による情報提供により、経営向け方向性案が取り纏まり、その内容をもって大枠経営とも合意が進みました。重要課題(マテリアリティ)及びKPIもより明確になりました。これからは、各事業部との具体的な目標設計及び取り組み施策の検討を行い、経営企画と連携し、全社のESG対応に邁進します。

詳細はこちら▼

業種

商社

事業内容

生活産業製品の生産・加工・販売、合成樹脂原料の販売、洋紙・板紙・紙二次製品及びパルプの販売、食品の販売

部署

役員・経営企画

私たちの会社のスピード感や癖について理解頂きながら、非常に示唆に富んだアドバイスをたくさん頂戴しました。私たちは上場企業ではないのですが、取引様は上場企業が多く、取引先様の脱炭素や環境・社会配慮などのニーズの変化を感じています。これから事業部へのサステナビリティ戦略の理解浸透を行いながら中長期的に新しい事業やビジネスモデルに挑戦出来る様、頑張ります。

詳細はこちら▼

業種

不動産

事業内容

オフィスビル、商業施設、物流施設などの開発・賃貸・管理・運営、マンション・戸建住宅などの開発・販売・賃貸

部署

経営企画室

ゼロからスタートに近い状況でした。重要課題(マテリアリティ)特定を、短期間でしっかりと組織的にステップを踏んだ上でマテリアリティ設定まで辿り着けたのは、市川さんのご支援、アドバイスの賜物です。サステナビリティ戦略の開示によって、サステナビリティに対する会社のスタンス理解や具体アクションの推進、社内の情報共有や理解浸透などが、より一層かつ着実に進めていけるようになると感じております。また、サステナビリティ活動を統括・推進する組織として、サステナビリティ推進室を新設しました。具体的なESGの取り組み事項など、これから継続して取り掛かるものも多いですが、引き続き、情報共有・連携させていただけますと幸甚です。

詳細はこちら▼

業種

製造業

事業内容

電子部品製造

部署

役員 & CSR推進室

最初はサステナビリティ、SDGsやESGなどの言葉の違いが分からない状況でした。市川さんには、プライム企業として対応が必要な重要課題(マテリアリティ)特定とTCFD対応の支援をお願いしました。各事業部の本部長クラスの責任者をプロジェクトにアサインし、会社の未来について考える良いきっかけを頂きました。TCFD対応は、事業部毎にシナリオ分析を実施しました。初めてシナリオプラニングに取り組み、ストーリー作りに苦戦しながらも“機会“と”リスク“の抽出、移行計画の策定まで実施出来ました。ESGやTCFD対応の実務経験があるファシリテーターに伴走して貰い、短期間で開示まで持っていく事が出来ました。

詳細はこちら▼

業種

製造業

事業内容

半導体・電子部品製造

部署

CSR推進室

ISO14001、ISO9001や省エネ法の対応は長年対応していましたが、視点が異なるTCFDやESG対応に戸惑っていました。マテリアリティ特定を含む非財務情報開示全般と気候変動を軸としたシナリオ分析の支援をお願いしました。サステナビリティに関するクライアント企業からの開示や温室効果ガス削減の要望は年々増えており、現場はそれを感じています。サステナビリティに関わる事は、発展途上のものがほとんどで、概念や抽象的なことも多いです。理解をする為には、経験があるプロフェッショナルが必要です。市川さんにはグローバルの最新な動きを常にアップデート頂きながら新しいノウハウや仕組みを吸収することが出来ました。

詳細はこちら▼

業種

サービス業

事業内容

そろばん教育事業

部署

代表取締役 & 若手チーム

今は小学校や中学校でSDGsについて習います。子供たち向けのそろばん教育事業を行っており、保護者もSDGsに関心が高い事は日々感じていました。自社とSDGsを考える上で、感度が高い若手社員に募集をかけ、若手社員8名でプロジェクトチームを組みました。SDGコンパスのフレームワークと活用し、優先課題特定と目標の設定を行いました。プロジェクト最後には、若手プロジェクトチームから代表取締役へ会社としてのSDGs取り組みの提案を実施しました。若手にとって、自社やバリューチェーンの事を理解する良い機会となりました。これからプロジェクトチームが提案してくれた事がどのように実現していくか楽しみです。

詳細はこちら▼

実績とお客様の声

お客様よりお寄せいただく声は、私たちにとって大切な財産です。お客様よりうかがった声は、貴重な情報として社内で共有し、製品・サービスの開発・改善に反映しています。

業種

化学品

事業内容

 

化学品・健康食品の研究開発、製造及び販売

部署

サステナビリティ推進室

当初は、自社が推進しているサステナビリティ戦略の方向性や取り組み内容のレベル感が、市場の期待から外れていないかどうか不安でした。市川様との壁打ち及び資料による情報提供により、経営向け方向性案が取り纏まり、その内容をもって大枠経営とも合意が進みました。重要課題(マテリアリティ)及びKPIもより明確になりました。これからは、各事業部との具体的な目標設計及び取り組み施策の検討を行い、経営企画と連携し、全社のESG対応に邁進します。

詳細はこちら▼

業種

商社

事業内容

生活産業製品の生産・加工・販売、合成樹脂原料の販売、洋紙・板紙・紙二次製品及びパルプの販売、食品の販売

部署

役員・経営企画

ISO14001、ISO9001や省エネ法の対応は長年対応していましたが、視点が異なるTCFDやESG対応に戸惑っていました。マテリアリティ特定を含む非財務情報開示全般と気候変動を軸としたシナリオ分析の支援をお願いしました。サステナビリティに関するクライアント企業からの開示や温室効果ガス削減の要望は年々増えており、現場はそれを感じています。サステナビリティに関わる事は、発展途上のものがほとんどで、概念や抽象的なことも多いです。理解をする為には、経験があるプロフェッショナルが必要です。市川さんにはグローバルの最新な動きを常にアップデート頂きながら新しいノウハウや仕組みを吸収することが出来ました。

詳細はこちら▼

業種

不動産

事業内容

オフィスビル、商業施設、物流施設などの開発・賃貸・管理・運営、マンション・戸建住宅などの開発・販売・賃貸

部署

経営企画室

ゼロからスタートに近い状況でした。重要課題(マテリアリティ)特定を、短期間でしっかりと組織的にステップを踏んだ上でマテリアリティ設定まで辿り着けたのは、市川さんのご支援、アドバイスの賜物です。サステナビリティ戦略の開示によって、サステナビリティに対する会社のスタンス理解や具体アクションの推進、社内の情報共有や理解浸透などが、より一層かつ着実に進めていけるようになると感じております。また、サステナビリティ活動を統括・推進する組織として、サステナビリティ推進室を新設しました。具体的なESGの取り組み事項など、これから継続して取り掛かるものも多いですが、引き続き、情報共有・連携させていただけますと幸甚です。

詳細はこちら▼

業種

製造業

事業内容

電子部品製造

部署

役員 & CSR推進室

最初はサステナビリティ、SDGsやESGなどの言葉の違いが分からない状況でした。市川さんには、プライム企業として対応が必要な重要課題(マテリアリティ)特定とTCFD対応の支援をお願いしました。各事業部の本部長クラスの責任者をプロジェクトにアサインし、会社の未来について考える良いきっかけを頂きました。TCFD対応は、事業部毎にシナリオ分析を実施しました。初めてシナリオプラニングに取り組み、ストーリー作りに苦戦しながらも“機会“と”リスク“の抽出、移行計画の策定まで実施出来ました。ESGやTCFD対応の実務経験があるファシリテーターに伴走して貰い、短期間で開示まで持っていく事が出来ました。

詳細はこちら▼

業種

製造業

事業内容

半導体・電子部品製造

部署

CSR推進室

ISO14001、ISO9001や省エネ法の対応は長年対応していましたが、視点が異なるTCFDやESG対応に戸惑っていました。マテリアリティ特定を含む非財務情報開示全般と気候変動を軸としたシナリオ分析の支援をお願いしました。サステナビリティに関するクライアント企業からの開示や温室効果ガス削減の要望は年々増えており、現場はそれを感じています。サステナビリティに関わる事は、発展途上のものがほとんどで、概念や抽象的なことも多いです。理解をする為には、経験があるプロフェッショナルが必要です。市川さんにはグローバルの最新な動きを常にアップデート頂きながら新しいノウハウや仕組みを吸収することが出来ました。

詳細はこちら▼

業種

サービス業

事業内容

そろばん教育事業

部署

代表取締役 & 若手チーム

今は小学校や中学校でSDGsについて習います。子供たち向けのそろばん教育事業を行っており、保護者もSDGsに関心が高い事は日々感じていました。自社とSDGsを考える上で、感度が高い若手社員に募集をかけ、若手社員8名でプロジェクトチームを組みました。SDGコンパスのフレームワークと活用し、優先課題特定と目標の設定を行いました。プロジェクト最後には、若手プロジェクトチームから代表取締役へ会社としてのSDGs取り組みの提案を実施しました。若手にとって、自社やバリューチェーンの事を理解する良い機会となりました。これからプロジェクトチームが提案してくれた事がどのように実現していくか楽しみです。

詳細はこちら▼